清潔第一、わきがの臭い対策で大切な事を考える

わきがは体質です。
体質ですからもちろん個人差もあります。
わきがも軽症から重症まであるのです。

軽症であればわきが専用の商品で無くても、対策出来る場合も多いと思います。
一般的にに市販されている制汗スプレーでは、わきがに効果は無いと言う人も多いと思いますが、正しい使い方をすればかなりの力を発揮してくれます。

臭ってから使うのでは無く、臭う前の使用が効果的です。
お風呂上りやシャワーあとの清潔な状態での使用がおすすめです。
汗をかいてしまった後では、スプレーよりもシートで拭き取る方が菌の増殖を防いでくれます。

中~重症のわきがになると、スプレーやシートの使用では臭いを防ぐ事は難しいです。
ここまでくると、やはりわきがに特化して作られた商品でないと効果は見込めません。
わきがのために作られた、わきが専用のクリームをおすすめします。
スプレーやシートよりも価格も高くなりますが、効果も確実に高くなります。

そしてムダ毛処理も大切です。
女性でわきのムダ毛をそのままにしている人は少ないと思いますが、男性では処理していない方が断然多いと思います。
いくら効果の高いクリームなどを使用したところで、ムダ毛が処理されていないとその効果は半減どころか全く感じられない場合もあります。
わきの下に汗をかかない事は不可能で、汗をかくと菌が増殖しますし臭いの原因になります。
ムダ毛をそのままにしておくと、そこに汗によって発生した雑菌が付いてしまい、スプレーやクリームを使用しても臭いを防ぐ事は出来ません。

今はわきがを研究、わきがのために作られた商品がたくさんあります。
ボディ石鹸やサプリメントも開発され販売されています。
汗の吸収力に優れたインナーの使用によっても、臭い対策はあらゆる方面から可能なのです。
でも何かを使用するだけでは、臭い対策にも限界はあると思います。
やはり臭わないようにするには、普段の生活がとても大切だと感じるのです。
毎日お風呂に入る、下着を取り替える、マメに洗濯する、当たり前の事ですが毎日続けるのはなかなか大変でもあります。
しかしどんなに優れた商品を使っても、自分の生活習慣によってその効果を下げてしまう事も有り得ます。
清潔にしようと心掛ける気持ちも、臭い対策の大切な第一歩だと思います。

夏場に外出する際に有効な3つのワキガの臭い対策方法

わきがの症状を持った人の中には暑くて汗をかきやすい夏の時期は、出来るだけ外出したくないといった悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

しかし、しっかりと対策を行えば気になる臭いを最小限に抑えることができます。例えば次の3つのような方法がおすすめです。1つ目はデオドラント剤を持ち歩くことです。

ただし、デオドラント剤の種類には汗の臭いだけを抑えてくれるものもあります。この種類のデオドラント剤だとワキガの臭いを抑える効果はないので注意が必要です。

また、スプレータイプよりもクリームタイプの方が直接地肌に塗ることができるので、より高い効果を期待することができます。2つ目はミョウバン水を使うことです。ミョウバンは古くから色々な用途で使用されている天然の物質なので安全性が高く、殺菌・制汗作用があるので水に溶かして使うとワキガの臭いに効果があります。

スプレーボトルに入れて臭いが気になる時には吹きかけるようにすると良いでしょう。3つ目は衣服に臭いが付かないようにすることです。通気性の良い服を着たり、サイズが小さめの肌に直接触れやすいような服は避けて、ワンサイズ大きめの服を選ぶようにするのがおすすめです。

これらの対策を上手く併用すれば、夏場の外出の心配も少なくなるはずです。

わきが体質の人がやるべきなのは気を使うこと?

私はワキガ体質なのですが、自身でその体質に気づきケアを欠かしておりません。

私の様に自身で気付きケアを施しているワキガ体質の方を「分家」、反対に自身で気付いておらず全くケアをしていないワキガ体質の方を「本家」と分類して呼んでいます。

よって、外出時に出会うワキガ体質のほとんどの方は本家様であると考えられます。
完全なる私感ですが、分家の方の特徴として、「おしゃれ」「喋りやすい」「女々しい」といった傾向がうかがえ、反面、本家の方は、「見た目をあまり気にかけない」「プライドが高い」「男らしい」といった様に思えます。

「ワキガである事を自身で気付く為のセルフチェック」といった記事も、ワキガに関してネットで検索すればよく見かけますが、ここにアクセスする機会というのは本家の方にとっては無縁です。また、他人の体臭を「臭い」と言う事は、むしろ言う側の方が多大なストレスがかかるので、プライドが高そうな本家の方にはやはり、言ってもらえる機会も無いかと思います。

どちらが優れているという話ではありませんが、人に迷惑をかけていない分家(恥をかきたくないのが真の目的ですが…)の方は、やはりエチケットマナーがなっているのではないでしょうか。

ただし、毎朝、制汗剤を脇に塗り(スプレーではない)、毎夜、Yシャツの漂白をせこせことしている自分と比べて、堂々としている本家の方が羨ましくも思えたりするのです。