夏場に外出する際に有効な3つのワキガの臭い対策方法

わきがの症状を持った人の中には暑くて汗をかきやすい夏の時期は、出来るだけ外出したくないといった悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

しかし、しっかりと対策を行えば気になる臭いを最小限に抑えることができます。例えば次の3つのような方法がおすすめです。1つ目はデオドラント剤を持ち歩くことです。

ただし、デオドラント剤の種類には汗の臭いだけを抑えてくれるものもあります。この種類のデオドラント剤だとワキガの臭いを抑える効果はないので注意が必要です。

また、スプレータイプよりもクリームタイプの方が直接地肌に塗ることができるので、より高い効果を期待することができます。2つ目はミョウバン水を使うことです。ミョウバンは古くから色々な用途で使用されている天然の物質なので安全性が高く、殺菌・制汗作用があるので水に溶かして使うとワキガの臭いに効果があります。

スプレーボトルに入れて臭いが気になる時には吹きかけるようにすると良いでしょう。3つ目は衣服に臭いが付かないようにすることです。通気性の良い服を着たり、サイズが小さめの肌に直接触れやすいような服は避けて、ワンサイズ大きめの服を選ぶようにするのがおすすめです。

これらの対策を上手く併用すれば、夏場の外出の心配も少なくなるはずです。